« お誕生日ケーキについてのつぶやき | トップページ | おとなのぬりえ 「ベルサイユのばら」 »

2006/08/30

我が家にある図鑑「こんちゅう」編

「百科事典や図鑑はセットで買って、常にリビングに置いておくとよい」という教育者の先生のお話もありましたが、
セットで置く場所がない我が家では、興味を持ってからぼちぼち買っていくため、まだ数多く持っていません。
その中の二つが昆虫図鑑なのですが、各図鑑について感想を書きたいと思います。
オールカラーで30ページ程度。
昆虫のダイジェスト版のようです。
対象は5才くらいまで。
ムシキングが好きなお子様なら甲虫の種類がムシカードより少ないので、子供の方が「あれが載ってない!」と言う可能性が高いです。育ち方なども掲載が少ないですが、ページ数が少ないというデメリットの半面、「普通に使っていても破れない厚紙」なので、「赤ちゃんがめくり損なって破った!」ということは起きないと思います。
およそ300ページくらい。たくさんの昆虫・幼虫・育ち方などが載っており、大人でも楽しめると思います。
「この蝶とこの蝶、どこが違うのか。」など、自分で違いを探したりする遊びもできると思います。
たくさんの昆虫がリアルサイズで掲載されおり、なかなか見ることが出来ない「ヘラクレスオオカブト」などとの大きさ比べも楽しいと思います。 小学館 と 学研 が共にこのような図鑑を出しているのですが、「昆虫」については子供が「こっち!」と選んだのが学研でした。写真で気に入った物があった、という理由なのですが、どちらもよい図鑑だと思います。
さて、今日は図鑑の紹介をしたくなるできごとがあったので、その話も。
昨年途中入園したテケに「かっこいい!」といってくれたココちゃん。でも兄のムッチャンは「ココちゃんてかわいいよな」と珍しく女の子を評したりして、「弟に思いを寄せる女の子を好きになったお兄ちゃん・・・三角関係!?」など、心の中で勝手にドラマに仕立てたりしていました。
でも今年はクラスがバラバラ。「ココちゃんて今年だれせんせい?」とムッチャン。
「モリぐち先生やで。」
「モリぐち先生?どんな顔やったかな・・えーと・・・家帰ってから『先生図鑑』で見てみるわ!」
「!せんせいずかん!」
「卒園アルバム」を「先生図鑑」というナイスな表現。
これは書き残しておきたいできごとなので、ついでに我が家の図鑑を紹介させてもらいました。

|

« お誕生日ケーキについてのつぶやき | トップページ | おとなのぬりえ 「ベルサイユのばら」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家にある図鑑「こんちゅう」編:

« お誕生日ケーキについてのつぶやき | トップページ | おとなのぬりえ 「ベルサイユのばら」 »