« 我が家にある図鑑「こんちゅう」編 | トップページ | ホワイトマジックナイト »

2006/09/01

おとなのぬりえ 「ベルサイユのばら」

おとなのぬりえ、最近たくさん並んでいます。
「ベルサイユのばら」は私の知る限り、4種類でており、3社から出版されています。
どれも連載時によくみたカラーなので、全種類そろえるとかなりダブります。
・・・ですが、アンドレとオスカルのあの絵が!など、どうしてもはずしたくないものもあるので・・・
ファンとしては悩むところです。
永遠の少女マンガぬりえ1
ベルサイユのばら

セイカ


残念ながら
アマゾンでは売っていないようです。
他の3冊と比べて作品枚数はかなり少ないですが、カラー見本と塗り絵のサイズが合っています。

カラー見本も塗り絵も、「切り離された状態」というのがポイントです。まるで複製原画集みたいです。
見本はA4が7枚、ハガキが3枚。
ぬりえは予備を含め、A4が10枚、ハガキが5枚。

ただし!
線はかなり薄いです。細いし薄い。


老眼が少しある母は
「・・みえにくい・・・」
と言ってましたのでその点はご注意を。
でも「線!じゃま!」という
こだわりタイプの方にはピッタリです。
トランプ・着せ替えが入っているのが特徴です。

トランプは池田先生の絵を加工した物ですが、紙質などがトランプにしては薄くざらついているので、使用は出来ない気がします。着せ替えは池田先生の絵ではないので、ファンのツボにはまるかどうかは疑問です。
そして塗り絵としては当たり前なのかもしれませんが、裏表印刷はちょっといただけません。水彩で塗ったら裏面の塗り絵を楽しめないんじゃないかと思いますが・・・。

塗り絵の線は細めです。
瞳が彩色してあるのが特徴。

ただ線は太いと思います。というより「かなりくっきり」。もちろん原画と同じ色合いではないし、太さも均一ぽく感じたので、「ぬりえ」という「ぬりえ」だと思います。「複製原画のような作品にしたいんだ!」と思っている方には不向きかも・・・。
でも作品枚数的にはこの会社のものが一番点数が多いと思います。
瞳の彩色はしてないのですが、池田先生の塗り方アドバイスがあります。

ただ、出版社が同じなのでしょうがないのですが、塗り絵の線は太いです。というより「かなりくっきり」。ビギナー編同様、「複製原画のような作品にしたいんだ!」と思っている方には不向きかも・・・。
でも作品枚数的にはこの会社のものが一番点数が多いと思います。
この本には個人的に「どうしても外せない絵」が入っていたのですが、見開き印刷されていて・・・。半分のサイズでも90度回転でも我慢するから、一枚物で欲しかった!


|

« 我が家にある図鑑「こんちゅう」編 | トップページ | ホワイトマジックナイト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おとなのぬりえ 「ベルサイユのばら」:

« 我が家にある図鑑「こんちゅう」編 | トップページ | ホワイトマジックナイト »