« デスノートファンには要注意・・・
BLUE DRAGONラルΩグラド 1巻のご紹介
| トップページ | 5月8日までお休みする予定です »

2007/04/27

ぼくらはみんな生きている のご紹介


現在草木染め作家になっている坪倉優介さんの
「ぼくらはみんな生きている」のご紹介です。

マンガやドラマでよくある記憶喪失。
本当に記憶喪失になるということはどういう事なのか。
また家族はどういう思いで支えるのか。
過去を知る友人に出会う時の複雑な思い。

日記のようなノンフィクションで綴られていて
坪倉さんにあった毎日新しい発見は
赤ちゃんのキラキラとした好奇心とは違い、
こんなことも知らないの?と責められるような
そんな思いだったのではと感じます。

こんなことを書いてはいけないのかもしれないけど、
実は私も子供の頃に遊んだ友人の一人で、
彼が失った「記憶の中の一人」です。

つぼくらくんが記憶喪失になったと聞いた時、
つぼくらくんが私を忘れてしまっても、
明るくキュートだった「つぼくらくん」を私は忘れないことと、
彼の新しい人生が光多いものになることを祈りました。

生きながらにして生まれ変わるのはつらかっただろうと思います。
でもつぼくらくんが生きてくれていて本当に良かった。
これからも彼の活躍を祈り、応援したいと思います。

|

« デスノートファンには要注意・・・
BLUE DRAGONラルΩグラド 1巻のご紹介
| トップページ | 5月8日までお休みする予定です »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デスノートファンには要注意・・・
BLUE DRAGONラルΩグラド 1巻のご紹介
| トップページ | 5月8日までお休みする予定です »