カテゴリー「書籍・雑誌」の19件の投稿

2013/08/13

ピコニーモフレアースカートと獣文鏡のマグネット

20130813

謎のタイトルですみません。

昨日と今日でつくったAラインワンピースみたいな感じです。

先日作ったギャザーのワンピースのスカート部分を
フレアースカートに試してみたけど、
なんか、思ったように広がらなかったので、
今晩、この裾にギャザースカートをつけることにします。

その前に一枚だけ写真を残しておきます_φ( ̄ー ̄ )メモメモ。

さて、先日、京都国立博物館に行って参りました。

その際に手に入れたのが獣文鏡のミニチュアです。

ドールに持たせたらピッタリサイズ!と喜んで買ってしまいましたが
これを持たせていい感じになるっていえば、巫女服かしら・・・

またお正月に出します(ノ_ー;)あぁ、またモノ増やしてる・・・

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

さて、そのついでに行った伊勢丹のおもちゃ売り場で
思う存分遊んで遊んで買うかどうか迷ったあげく、
今回は見送って帰ってきたアイテムのご紹介・・・

コクヨが作っている着せ替えシールの本なのですが、
ものすごくセンスが良くて、カワイイです。

髪型や、顔のすげかえなんかもできるし、
シールの質がいいから、子どもの使用にも十分耐えることができます。

それぞれ、カジュアルっぽい服や季節なんかで着せ替え遊びできるのですが
同じ値段ながら、めーーーーーいっっぱいフリッフリでかわいかったのはリズリサの一冊。

思いっきりフリフリばっかりだけど、だからこそコーデもしやすそうだし。

小学生の中学年以上がオシャレ遊びをするのにピッタリな一冊でした。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

で、今日私が購入したものはこの二つ。

一つ目。
関正生先生の「世界一わかりやすい中学英語の授業」

受験サプリというサイトでものすごくわかりやすく英語を教えて下さる関先生の中学英語の本です。

前置詞や助動詞などの
基礎というより本質!を
日本人的な解釈はこうするけど
ネイティブはこう考えるから、こうなんだよ!って説明をされてて
あらためて(*ノノ) キャー(/ω\) かっこいいーーー!!!って状態で
購入してしまいました。φ(-ω-。`)サイン本とか欲しい・・・・

二つ目は、Gakkenから出ている「視力回復メソッド」です。メガネ付きです。

最近細かい作業ばかりだからか、視力がまたまた落ちてきたので
思わず買ってしまいました。ジーッ ( ●_●) ・・・・しばらく試してみます。

が、さっき本の少しかけただけでも、焦点が合いやすい気がするので
なんだか効きそう・・・いや、効きそうだと思ったから購入したのですが。

いろいろと作りたいものいっぱいなので、
今からがんばって家事すませてきますε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

| | コメント (0)

2013/05/22

ガンダムマーカーを使ってブライスのリップを塗ってみる

迷走中の我が家のブライスさんですが、
今日はまた顔をいじられてます。

ガンダムマーカー リアルタッチマーカー リアルタッチピンク1 GM410 【HTRC 3】
でリップを塗ってみました。

こちら水性顔料です。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

とりあえず、いったん完成、って一区切りついた状態がこちら。

Img_7665

今回は少しイヤーな顔をしてる風にしました。

ムスってさせる感じじゃなくて
むっって腹を立ててる感じ・・・(  ̄∇ ̄)リアルが反映されてますネ・・・


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

前のメイクを外した状態がこんな感じ。

Img_7660

マーカーで塗ってみます。

ムラになるし朱色っぽい感じ??

Img_7661

色抑えをしてみた感じです。1回目。

あ、薄めやけど、好みの感じかも。と思いました。

Img_7662


もう一度塗ってみました。

水性ペンだし、拭いたらすぐとれると思うとけっこう気軽に塗れます。

さっきより一回りぶあついクチビルに・・・
Img_7663

もういちど色を押さえマス。


Img_7664

ナチュラルな感じで私好みに落ち着きました。

これに茶色のアクリル塗料でラインをぬって一応完成。

しばらくはこの子はこんな感じで置いておきます\(≧∀\) (/∀≦)/コッチに。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

さて、ここからは人形とは別のお話。

ウチの末っ子テケは天然石やダイヤモンドが大好きで
図書館で検索しては借りています。

で、「ダイヤモンド」で検索してヒットしたものを
内容はともかく借りてくるのですが、
今回はこちら・・・・(  ̄∇ ̄)ノ◎

・・・( ̄△ ̄lll)・・・たしかにダイヤモンド・・・・

ものすごく高級なダイヤモンドとか
ものすごく大きなダイヤモンドとか
そういうのがいーーぱい載っている本が届くと
思っていただろうに・・・(-ι_- ) クックッ・・・わらっちゃいかんけど。

テケが以前図書館で借りた
憧れのダイヤモンドがいっぱい載っていた本はこちら。

ダイヤモンドについて
本当にくわしく載っていて
大人でも楽しく読めました。
(もちろん子ども向けではないので当たり前ですが。)

いつか大きなダイヤモンドが
手に入るといいねぇ・・テケ(とお母さん)に・・・(*´ー`) フッ

| | コメント (0)

2011/12/03

内田春菊先生「ワイルドハンド」とその他モロモロ

内田春菊先生好きです⊂((〃'⊥'〃))⊃カッコいいなって・・・

「ワイルドハンド」は内田先生のモノ作りスピリッツが詰まった内容で
裁縫などに専門知識のなくても
作りたいものを作る、
ないから作る、
使うから作る、
そんなザクッとしたモノ作りの本です。

私の人形服作りも実はこんな感じで作っています(´▽`)専門知識はないんです。

型紙は自分が作りたいものをイメージして
人形に合せて作ってみて、
型紙を変えてもう一回作る。

あるもので作る。そんな感じです。

そういえばこないだ、撮影用の背景にラッチョンマットを買ってきました。

Img_7011

この斜めかけカバンもこないだざくっと、
余った布で作った作品。

レースでもあしらうと、よりそれっぽくなるかなぁ

Img_7018

ラティスもずっと前にかわいいから買ってきて、ワイヤー巻き付けて飾付けしたら
なんかええ感じになってくれました。

やっぱ緑や花がいいんだなぁ・・・


で、こちら。まだ未完成(ホックつけてない)なんだけど
布ナプキンの大きいサイズ。

このナプキンのあまり布が (b ̄▽ ̄)b のカバンになりました。


Img_7019


綿のネルで、大きいけど少し薄手。

羽根の部分だけ4枚重ねになってるだけで
あとは2枚重ねです。

なんで、
使い勝手はどうかなー・・・今度に試してみるです。

| | コメント (0)

2009/02/01

GIMPですぐデキる!フォトレタッチスーパーテクニック2008


今、アマゾンさんで見たらえらいプレミア価格に
なっていて、ちょっとびっくりしましたが
今、私がフォトレタッチの修行に使っているマニュアルです。

別のフォトレタッチのソフトを使っていたのですが
パソコンを購入して使えなくなったため
フリーソフトのGIMPに乗り換えました。

ロゴや合成写真の作り方の勉強のために
購入しました。

たくさんの機能が載っているのかどうか
まだわかっていない部分もあるんですが、
この機能はこういう風に使うとこんな加工になる、
という実例については、わかりやすく書いてあると思います。

まだまだ使い慣れたとはとても言えませんが
引き続きがんばります(^^)

| | コメント (0)

2009/01/16

「ぽぽちゃんの着せ替え服」のご紹介


人形うじゃうじゃいる我が家に
何故かぽぽちゃんいないなぁ・・・

テケがちいさいころに、たしか買ったことあるんだけど、
フリマで里子に出したっけ・・・(ーー;)そんな気がする。

で、ぽぽちゃんの着せ替え服の本です。

ぽぽちゃんて服がそもそもかわいいんだけど、
この本に載っているのは
子どもの憧れの職業網羅ってくらい、
すんばらしー型紙の数々。

和服、洋服、ドレス、カジュアル、制服。

写真もとってもかわいくって、
買う価値あり!の一冊です。

で、うちのいえにぽぽちゃんがいないのに、
どうしてこの本を手にしているかというと、
ローズオニールのキューピーさんにいけるんじゃないかと。

こないだオーバーオールを作ったけど、
引き続き、色々作ってやりたいなと思います。

作品ができたら、
今年こそは、ちゃんとアップしていきます(^^)

期待はされてないけど、お楽しみに(≧▽≦)

| | コメント (0)

2009/01/15

間違いなくおすすめ「クライ・ムキのLaLaLa2」ロックミシンの基礎 


うちのロックミシンはトヨタ(アイシン)の二本針四本糸のミシンなんですが、
オークションで2万ちょいくらいで売ってました。で、抑えの部品を
追加で購入したので、3万円くらいの投資でした。

ただ、ロックミシンって普通のミシンの動きとは
ちょっと違うし、頭きりかえるまでちょっと時間がかかりました。(@@)??

糸の絡み方なんかも、めっちゃややこしいんです。
とおす順番もそうだし。
糸の始末もそう。

たくさんのロックミシンの本を見ましたが、
この本が一番わかりやすいし、
縫い代付きの型紙なので、
写し取るだけでいい
とっても使いやすい型紙です。

説明書代わりに使えて、かつ、服の型紙までついている
おすすめの一冊がこれです。
迷ったら、ぜひぜひこの本を(^^)

続きを読む "間違いなくおすすめ「クライ・ムキのLaLaLa2」ロックミシンの基礎 "

| | コメント (0)

2009/01/14

ニッポンの奇跡!川崎ローズ「折り紙夢WORLD 花と動物編」のご紹介


Img_0332
うちの小学校には読書サークルがあります。

その読書サークルには今年、一緒に役員をやった同士がいまして、
その二人、ほんと、すごい折り紙名人なのです。

左側の写真にあるバラはすべてその方からのプレゼントです。

「川崎ローズ」とよばれるバラ。

一枚の紙を立体的に折り上げる奇跡的な折り紙です。

ほんと何度見ても感動です。

人を魅了する川崎ローズの折り方が載っているのがこの本。

でもかーーーなーーーーり、難しい。

川崎ローズのちょっと前の段階で一分ローズというのがあるんですが、
これを練習して、折れるようにならないことには
川崎ローズ迄はたどり着けません。

子どもには多分難しすぎる。

というより、私はできません。一分ローズでもできない。
こないだは投げた(ーー;)

色々器用だとかいわれるアタシですが、
実は折り紙は大の苦手分野。

それでも魅了される川崎ローズ・・・(ー△ー)すんばらしー・・・

明日はもう一回、チャレンジしてみよう。
もしかしたらオリジナルな道がみつかるかもしれんし。
こんなん言うてる限り、たどりつかんのかもしれんけど。

| | コメント (0)

2009/01/04

ピアスの穴


先月から、色々心に積もったもやもやのためか、
3つめのピアス穴をあけたくなっていました。

今あけている箇所からちょっと上に
あけたいなー・・・(ー△ー)と、
ぼんやり思っていました。

バーチャルの世界にどっぷりハマった自分を
切り落とすころ、
やっぱりあけようって、決めました。

で、家族で車で移動中。

「そういや、あたし、三つ目のピアスあけるしー」

っていうと、ファー子が
「やめて、おかあさん。」と。

「・・・???なぜに????」

「とにかく、いや!」と、ひかない。

「????なんでやろ???」と夫に聞くと

「それすらわからんようでは、あかんな。」と一蹴。

「おかあさん、あれ、めちゃくちゃ痛いっていうてたやん。
 それやのになんでそんなことするんよ。」と。

それをきいて、
あーーーーーごもっとも。


家族が自らを傷つけたり
痛い目をあわしていること、
どうにもできないことって
たしかに辛い。


子どもに言われる迄、
子どもがアタシを大事に思ってくれてるんだってこと、
忘れてた。


心の穴や、心の傷を
体に傷をつけることで
たしかな感覚にしようと
必死に生きあがくような作品、
「蛇にピアス」。

読んだ時はその気持ちが
ぼんやりしていたけど、
今回、自分がピアスをあけたくなって
改めて重なり、
再び読みたくなった。


結局ピアスはあけないことになりました。

体に印をつけなくても
忘れることなんかないから、ま、いいか。

| | コメント (0)

2007/04/27

ぼくらはみんな生きている のご紹介


現在草木染め作家になっている坪倉優介さんの
「ぼくらはみんな生きている」のご紹介です。

マンガやドラマでよくある記憶喪失。
本当に記憶喪失になるということはどういう事なのか。
また家族はどういう思いで支えるのか。
過去を知る友人に出会う時の複雑な思い。

日記のようなノンフィクションで綴られていて
坪倉さんにあった毎日新しい発見は
赤ちゃんのキラキラとした好奇心とは違い、
こんなことも知らないの?と責められるような
そんな思いだったのではと感じます。

こんなことを書いてはいけないのかもしれないけど、
実は私も子供の頃に遊んだ友人の一人で、
彼が失った「記憶の中の一人」です。

つぼくらくんが記憶喪失になったと聞いた時、
つぼくらくんが私を忘れてしまっても、
明るくキュートだった「つぼくらくん」を私は忘れないことと、
彼の新しい人生が光多いものになることを祈りました。

生きながらにして生まれ変わるのはつらかっただろうと思います。
でもつぼくらくんが生きてくれていて本当に良かった。
これからも彼の活躍を祈り、応援したいと思います。

| | コメント (0)

2007/01/29

学研科学のタマゴ 11号買いました


学研のふろくつき実験マガジン、科学のタマゴ11号 電気 を購入しました。

組み立て簡単な実験キットは手回し発電機と小さなヘリ・亀を動かすもので、
小さなヘリはホントに飛んだので親子で大喜びしました。

雑誌はオールカラーで写真がふんだんに使われており、
付属キットを使っての別の実験が載っていたりと、薄くても濃い内容で
子供が自ら「科学を遊びで楽しむ」ということができる
とても良い本だと思いました。

| | コメント (0)